top of page

引退ブログ〜恒松美玲〜

みなさんこんにちは!!恒松美玲(ウミ)です🤗

ついに私が引退ブログを書く立場になってすごく驚いております。笑

引退して6日が過ぎ、少しずつ引退した実感が湧いて来ました。


私からは、鹿屋体育大学で経験したことと今までの感謝の気持ち、今後の話について書きたいと思います。


私が鹿屋体育大学を受験したのは、バスケを本気でやりたいと言う高校生の私に「鹿屋体育大学という大学があるぞ」と教えてくれた高校の恩師のおかげです。その恩師の一言で鹿屋体育大学を知りました。

無事入学をし、木葉先生、先輩方に出会いました。そこで初めて「ウミ」というコートネームをいただきました。初めてのコートネームは私にとってチームの一員として認めてくれたという特別な証のように感じました。

記憶力もなく、何も考えずに動く私には最初の1年間はとても厳しかったです。笑

沢山セットプレーがあってそれを全く覚えれずに、「分からないなら抜けて」とイクと一緒に怒られた日々は、今では笑い話になっています爆笑 あれぎゃん怖かったね〜〜〜〜笑 でも、そんな時、朝から何度もセットプレーを確認してくれた同期。本当にありがとう。朝から夕方まで体育館に入り浸る毎日は、「本気でバスケをやってる〜〜〜〜」って感じる大切な思い出です。


また、「自分はこのチームに不必要」だと存在意義に悩み続けた3年間でした。そんな時、涙が枯れるまで話を聞いてくれた先輩方、後輩、同期。本当にありがとうございました。みんなの支えがなかったら今の自分はいないと思います。高校生まではこんなこと悩みもしなかった。考えるほど、熱中していなかったんだと思います。この経験があってこそ、今自分にできることは何か常に考えることができるようになりました。


ラスト一年は「広報、スタッフ」として、新しい出会いが沢山ありました。新しくTikTokを始め、スポンサーを集め、クラウドファンディングを始めました。OGOBの方や、企業さん、練習試合に来る高校の先生、鹿屋体育大学を応援してくださる方々と出会うことができたのは、スタッフになったおかげだと思います。バスケ以外で作業する時間が増えましたが、より一層鹿屋体育大学のことが大好きになりました。辛い時、隣でノンさんがいつも優しくお話を聞いてくれたのも頑張れた秘訣です㊙️


たくさんの方々の支えがあったこそ、私たちはバスケットボールを続けることができました。バスケ生活に関わってくださったすべての方に今一度感謝を伝えたいと思います。

本当にありがとうございました。


ママ、パパ、11年間バスケットボールを続けさせてくれてありがとうね。


これから私は地元福岡に戻り、一般企業の営業のお仕事をします。

社会人バスケなどバスケットボールに関わっていきたいと思いますので、どこかでまた皆様に会えることを楽しみにしています❤️✨


恒松美玲、ウミを応援してくださった皆様、本当にありがとうございました〜〜〜〜〜〜🥰






閲覧数:487回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page